ローヤルゼリー解析WEB

ローヤルゼリー解析WEB

ローヤルゼリーの副作用とは

ローヤルゼリーは様々な健康的、美容関係の効果が発揮されますが、残念ながら必ず安全なものといえません。
なぜなら、食物アレルギーというものがある以上、ローヤルゼリーがアレルゲンになり、アレルギー症状を示す場合もあります。
実際に、ローヤルゼリーの摂取から、目のかゆみや充血、鼻づまりや咳などのアレルギー症状が発現することがあります。

特に、喘息やアトピーなどのアレルギーを持っている人はアレルギー反応が起きやすくなるので、健康のために注意が必要です。
また、まだ免疫機構や体力が十分に成熟しきれていない幼少期の子供に対してもアレルギー反応が起きやすいです。
また、ローヤルゼリーに含まれるデセン酸は、女性ホルモンに似た作用を持つことから、男性が摂取した場合、体の女性化、具体的には胸が出てくるといった副作用が起きたと言う例があります。

もちろんローヤルゼリーの女性ホルモン作用はそこまで強くないのですが、ある程度の副作用が起きる可能性があるようです。
そのため、特に小児喘息を患っている小さい子供に与える場合は慎重に与えるようにしなければなりません。
また、ローヤルゼリーはみつばちの体内で合成され、分泌される物質であるため、もし蜂アレルギーがある場合も摂取に注意が必要になります。

ローヤルゼリーは天然由来の健康食品であるため、実は、1日の摂取量の上限はきちんとは決められていません。
しかしどれだけ優れた健康成分であっても、どれだけ体に健康なものであっても、急に大量に摂ってしまうと、体が処理できなくなり、軽い下痢症状が出現することがあります。
したがって、ローヤルゼリーを購入した場合は、定められた1日の推奨される摂取量を確認しましょう。
そして、その量をまもって摂取することが重要です。
記載されている目安量を大幅に超えてしまうと、体に悪影響の副作用を起こす可能性が高いので、そのようなことは避けるようにしましょう。
ローヤルゼリーの女性と男性との効果の違いについての記事も大変参考になるかと思います。