ローヤルゼリー解析WEB

ローヤルゼリー解析WEB

保存しやすい乾燥ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーに含まれる栄養素は、非常にバランス良く配合されていることから、様々な健康食品として商品化されています。
体が必要とする様々な栄養素がふんだんに含まれており、さらに女性にも嬉しい美容成分も豊富に含まれています。
そのため、特に女性を中心にとても人気が高い栄養素と言われています。

さて、血中のコレステロール濃度を下げ、血圧を正常化させる作用からも生活習慣病対策、そして血流がスムーズになることから健康作用の他にも、肌のターンオーバーを促進、新陳代謝を高めることから美肌作用も期待できます。
また、皮脂分泌をコントロールする作用から肌トラブルの治療などの効果もあるとされています。
さらに最近では、抗腫瘍作用が認められ、がん細胞増殖を抑制する働きから臨床においても注目される成分となっています。

ローヤルゼリーに含まれる成分の中でも最も注目されているデセン酸は、天然の抗生物質とまでいわれ、
その強い殺菌・抗菌作用からも免疫機能を助ける作用も認められています。
そんな様々な作用が期待されるローヤルゼリーには、生タイプと乾燥タイプ、そして最後に調整タイプの3つの種類の商品があります。

その中でも乾燥ローヤルゼリーは一番手軽に摂取しやすいのと、保存の効くタイプになっています。

自然のものそのままの商品であることから栄養価が高いとして人気だった生ローヤルゼリーでしたが、
このタイプは保存が効かず、また保存方法が難しいということから扱うのは少々難しいものでした。
さらに空気に触れると変質してしまうことから密封することが必要である上、熱に弱いことから常に冷蔵保存が必要でした。
そのため、外出先で摂取するということが難しいものです。

その問題点を解決し、手軽に栄養素を確保した状態にまで発展させたのが乾燥ローヤルゼリーです。
熱に弱いローヤルゼリーのため、加熱以外の特殊な方法が考えられ、その技術の応用で水分を飛ばして、
粉末状になったものがこの乾燥タイプです。
粉末の状態では飲みにくいということから基本的にほとんどの商品が、カプセル型を採用している場合が多いです。
生のローヤルゼリーよりは若干栄養価が落ちてしまいますが、やはり保存が効く以外でも、仕事や出先などで摂取できる、持ち運びが効くという点から、非常に魅力的な商品といえるでしょう。