ローヤルゼリー解析WEB

ローヤルゼリー解析WEB

ローヤルゼリーはカルシウムの吸収力を上げられる

ミネラルは、私たちが生きていく上では不可欠な要素の一つです。
その働きは、疲労回復や最近問題になっている生活習慣病の予防にも役立っています。
さらに、病気の予防であったり、女性にとって嬉しい美容と健康にも役立つので、非常にありがたい栄養素であるともいえます。

さて、このミネラルが不足してしまうと、病気や生活習慣病になりやすくなる以外にも、体のあちこちが不調をきたすようになり、美容、そして健康の大敵となる活性酸素が増えて、病気になってしまうのです。
そこで、手軽にミネラルとともに、様々な栄養素を取り込む方法として挙げられるのは、ローヤルゼリーを摂取する方法です。
特にミネラルの中でも、カルシウムが不足すると、骨がもろくなり、女性がなりやすい骨粗鬆症になりやすくなったりしてしまうのです。

ローヤルゼリーには、カルシウムが含まれていて、さらにビタミンDを一緒に摂ることによってカルシウムの吸収率を上げることができるのです。
さて、肝臓や腎臓で代謝を受けて活性化されたビタミンDは活性型になって、小腸からのカルシウムの吸収を助け、吸収率を上げてくれます。
そのため、ローヤルゼリーとビタミンDを組み合わせることで、食事から摂取したカルシウムを効率的に体内に取り入れることができます。

さらに活性型のビタミンDは腎臓の尿細管にも作用を及ぼし、尿に出されたカルシウムをもう一度吸収するように働きかけます。
このように体内におけるカルシウムの利用効率を高めるためには、カルシウムを摂る以外にも、活性型ビタミンDが重要なカギとなるのです。
活性化のためには、太陽の光を浴びる必要があります。

しかし、加齢によって、日の光を浴びる機会が減り、活性型のビタミンDの産生量が低下し、食事中でのビタミンDの摂取量が低下すると、ビタミンDの不足に陥り、結果として腸管におけるカルシウムの吸収率も低下してしまいます。
そしてこの不足を補うために骨にあるカルシウムから血中へ溶け出してきます。
このように徐々に骨量が減少することで、骨粗鬆症のほかに、小児ではくる病、大人では骨軟化症が引き起こされます。
このような状況を避けるためにも、ローヤルゼリーとビタミンDを組み合わせた摂取法がおすすめです。
ローヤルゼリーのおいしい飲み方http://buffaloridgefarm.com/vermox.htmlも参考にしてください。

▼ローヤルゼリーについてもっと詳しく知りたい方はこちら。