ローヤルゼリー解析WEB

ローヤルゼリー解析WEB

ローヤルゼリーで肩こりの症状が改善出来る?

仕事がデスクワーク中心で、長時間同じ姿勢をとってしまっていたり、いつもかばんを同じ方の肩にかけてしまったり、夏場は常に屋内で長時間冷房のきいた部屋にいるので、体が冷えている、と言う人に多く見られる症状の1つが肩こりです。
さて、この肩こりとは、人間は二足歩行をするために、首や腰に負担がかかる体になっていることに起因しています。
いうなれば、首から肩にかけての筋肉が姿勢を無理に保つために緊張してしまい、その結果血行が悪くなり、重く感じることで肩こりになるのです。

肩こりを引き起こすメジャーな原因としては、冒頭に述べました、長時間同じ姿勢でいることによる筋肉疲労、そして血行不良。
さらに末梢神経にある傷などが挙げられます。
それらの要因が単独で、もしくは互いに関連し合うことで肩こりを引き起こすのです。

首や肩の周辺には、色々な種類の筋肉があります。
これらは脳が詰まって重い頭や腕を支え、二足で立っているという基本姿勢を保つために緊張し続けています。
緊張が長時間続くと、当たり前ですが、筋肉が疲れてしまい、乳酸などの疲労物質がたまってしまい、筋肉が硬くなります。

それが血管を圧迫し、血液の流れが滞り、末梢神経を傷つけることで、こりや傷みといった症状を起こします。
また、血行不良によって、筋肉に十分な酸素や栄養素が届けられず、筋肉に溜まった乳酸などの疲労物質が排出されにくくなって、さらに筋肉が硬くなっていきます。
このような肩こりに有効とされるのが、ローヤルゼリーに含まれるパントテン酸というものです。
このパントテン酸とは、血管の壁に張り付いた悪玉コレステロールなどの邪魔なものを取り除き、血液の流れがスムーズにします。

その結果、血行促進、そして血圧低下の効果が期待できます。
つまり、パントテン酸によって、肩こり解消が期待できるのです。
もちろん、パントテン酸以外にも様々な栄養素がバランスよく含まれているので、疲弊した筋肉にも栄養がいきわたり、こりを和らげてくれます。
もちろん、ローヤルゼリーの摂取とともに積極的にストレッチをして、筋肉の緊張を緩めることも重要です。
また、ローヤルゼリーはガン予防にも効果的なので、とても魅了的ですね。