ローヤルゼリー解析WEB

ローヤルゼリー解析WEB

日本ではローヤルゼリーがどうやって広まった?

さて、ローヤルゼリーが歴史上にその存在を示したのは、アリストテレスが存在していた時代だったと言われています。
つまり、今から2400年以上も前のことなのです。
しかしその健康効果http://www.velocityfiverestaurant.com/hozyo.htmlが注目され、ローヤルゼリーが日本のみならず、世界的に広まったのは、1954年にヨーロッパで起きたある事件からです。

当時80歳を超えたローマ法王、ピオ12世が高齢に加え、肺炎により酷く衰弱し、危篤状態に陥ってしまっていました。
主治医ガレアジー・リシー博士を含めた医療のスペシャリストたちは、当時の世界最高峰と言われた医療技術を用いて治療を行いましたが、いずれも効果を見いだせませんでした。
このローマ法王とは、全世界に13億人も存在するとされているキリスト教のローマカトリック教会のトップであり、イエス・キリストの代理者とまで呼び習わされる、言うなれば、全世界のカトリック信者を統一する存在です。

今年の3月にローマ法王を決める際の世界の注目度はご存知でしょう。
そのローマ法王の命が危ういというので、世界がその動向にいかに注視していたか想像できるでしょう。
さて、そのような状況でわらにもすがる思いでガレアジー・リシー博士はローヤルゼリーの投与を試みました。

その結果、奇跡的なスピードで会話ができるまでに回復したのです。
そのニュースは全世界を駆けめぐり、日本でも一気にその認知度が上がりましたが、実はそれ以前でも日本では、ローヤルゼリーは注目はされていました。
明治時代の農学博士であった玉利喜造が、ローヤルゼリーを王の舐物として週刊誌に不老長寿の新薬ではないか!?というような記事で掲載したことで、国内にローヤルゼリーの名前が広まったのです。
実際に日本でローヤルゼリーが商品としての歴史は古くありませんが、はちみつ自体は古くからその価値が貴重であることがわかっていることから、経験的に私達の祖先はローヤルゼリーの価値をわかっていたのかもしれませんね。 ローヤルゼリーの一日当たりの摂取量こちらも参考にご覧ください。