ローヤルゼリー解析WEB

ローヤルゼリー解析WEB

喘息を悪化させる場合もある?

ローヤルゼリーは更年期障害対策のために中高年の健康管理にも活躍し、少し年齡が気になった人にはアンチエイジング効果をもたらし、不摂生な食生活やストレスにさらされる毎日に対抗するための免疫力の強化や毎日
元気に起きられる若々しい活力の補充のためにはピッタリのものです。
みつばちが産生する天然のものであるということから安全性も確立されています。

しかし、これには例外があるのです。
それは、例えばアレルギーを持っている人の場合です。
実は、ローヤルゼリーの中には卵などにアレルギーを持っている人にアレルギー発作を起こさせる原因になり得るタンパク質が含まれています。

そのためアレルギーがある場合、ローヤルゼリーが危険になる場合があるのです。
ただし、喘息だけの方である場合は体内に入れることが必ずしも悪いことになるという訳ではありません。

病院で喘息患者がローヤルゼリーを摂らないほうがいいか?といった場合、
必ずしも医師が同意するわけではない、つまりは喘息の人にローヤルゼリーが特別危険であるということは確認されていないようです。

しかし、喘息にさらにアレルギーも持っているとなると注意が必要になってきます。
というのも、ローヤルゼリーがアレルゲンになってしまうことで、結果的に喘息を悪化させてしまう原因となる、といったことが考えられるからです。
じつは、まだ実際の症例というものは少ないようですが、中には、重篤なアナフィラキシーショック様症状を示した場合もあるようです。

たしかにローヤルゼリーに含まれる栄養成分それ自体は体によく、非常に優れたものではあるのですが、
体質に合わせて摂取を考えないと、逆に健康に悪い影響を及ぼしてしまう場合もあるのです。
では、そのようなひとはローヤルゼリー禁止なのでしょうか?
いいえ、最近では、アレルゲンとなる可能性の高いタンパク質の分解されているローヤルゼリーが商品化されているので、そのようなものを選ぶようにしましょう。